採用TOP > 先輩社員の声 >  研究所担当 古南主任

 ”入社のキッカケ”、”入社して良かったこと・辛かったと感じたコト”、そして”これからの目標・夢” を、木村製作所で生き生きと働く先輩社員の実際の声を紹介しています。是非、実際に木村製作所で働く先輩社員の生の声、そして、社内の雰囲気にも触れてください。
  • 偶然取引先として知っていた木村社長にお願いしたことがきっかけ

     私は、2016年に中途で入社をし、今年で2年目を迎えました。前職では、ガラスレンズを成型するメーカーで営業と社内の生産にかかわる仕事をしていました。木村製作所では、ここ数年その高い技術を活かし、精密部品の金型開発も行う様になってきました。
    実は前職の企業というのが、木村製作所から樹脂の成型金型を作ってもらっていた取引先でした。いろいろ、会社の事情などもあり、転職先を探していた時に、木村社長と話をする機会があり、私のこれまでの経験を活かせる場がここにあるのではないかと感じ、入社できないかということで相談し、社長からOKをもらうことで入社が決まりました。
    入社して、もうすぐ2年が経過しますが、自分のそれまでの経歴がここまで活かせる環境に出会えたことは本当に良かったと思いますし、心よく受け入れてくれた社長には感謝ですね!
  • 社長にはいつも感謝しています。

  • 忙しいけどやりたいことができ、自分の経験も活かせる職場です。

    木村製作所に入社した後は、主に京都大学に借りている研究室でガラスレンズ金型製造と検査・測定ならびに新規開拓に向けた営業活動を仕事としています。
    前職でも営業活動や測定・検査関連の仕事をしていたので、その時のノウハウを活かしながら、今の仕事に取組むことができています。木村社長からも「ガラスレンズの金型の製造をこれまで行っていたが、検査測定を行うことができず、我々のお客様どのように測定すれば良いのかというノウハウもなかったので、非常に助かっている」という言葉ももらい、うれしい限りです。
  • 測定データ収集などもわたしの専門分野です。

  • 技術者として、営業としてスペシャリストに!

     正直忙しいな・・・と思う面もありますが、やりたいことができ、自分のこれまでの経験も活かせる、この環境は非常にありがたい職場環境です。
    今後は、若手の方とも積極的にかかわって、自分の知っていること、経験したことは伝えていきたいと思います。また、本社の製造部門の方々とも生産性向上に向けた治具開発などでかかわっているので、意見交換をして、木村製作所の技術力UPに貢献していきたいと考えています。
    最後に入社を検討されている方へ。木村製作所は中途社員にも非常にいい環境ですし、働きやすい環境だと思います。なにより、最新の設備を導入し、技術開発をここまで積極的に行っている会社はほかにないと思います。ぜひ、当社に入っていただき、モノづくりの面白さ、奥深さを共有できる仲間が増えればいいなと思っています。
  • 最新設備も触れる素晴らしい環境