切削加工 ≫工作機械用メインスピンドル部品

スピンドルシャフト

素材
SUS316
サイズ
430×φ25
精度
寸法精度±0.01mm・直角度0.01指定、面粗度Ra1.6
ロット
10
こちらの製品はメインスピンドル部品で、ベアリングの嵌めあい部と内径に対する高い面粗度指定の2点が加工におけるポイントとなっています。ベアリングの嵌めあい部では30mm±0.01mm・直角度0.01指定、ツバ部分が10mm±0.01mm・テーパー1/12(θ=約3.0°)指定となっていることから、加工時にリカバリーが効かない設計となっていました。そのため、これだけの高精度の加工品を一発で成功させる必要があり、高い技術力が求められます。二つ目のポイントである内径の加工においては寸法精度が±0.01mmで面粗度がRa1.6 指定となっていました。このような円筒の内径研削加工は当社が最も得意としている分野となりますので、お客様のご要望通りに仕上げています。 
 当社では、このような高い面粗度、寸法精度に対する加工はもちろん、円筒研削部品の測定評価も社内で対応しています。測定においては、全て恒温室環境下で行っており、24℃±1℃で管理された測定室で、各種ゲージや3次元測定機を用いて測定を行った後に納品を行っています。スピンドル部品や周辺部品は2/1000程度の平面度、円筒内面の同軸度までの加工、検査が可能です。

お問合せはこちら

TEL
075-953-2721
FAX
075-951-2267

お問い合わせフォーム