Componenti e parti del mandrino

12

(日本語) 内径にテーパー加工のあるベアリング部品

(日本語) 内径にテーパー加工のあるベアリング部品

(日本語) 素材
(日本語) 真鍮
(日本語) サイズ
(日本語) φ40×長さ200㎜
(日本語) 精度
(日本語) 寸法精度が±0.01、R30、R130の溝
(日本語) ロット
(日本語) 10
(日本語) こちらの製品はスピンドルのべアリング部品であり、潤滑油が均一に回るように複雑な形状の設計となっていました。写真にあるように内面もポケットの寸法精度が±0.01指定で入っており、端部にR30の溝加工があり、横方向にR130 の緩やかな形状指定がされている製品となります。多工程にわたる加工で、マシニングセンタに砥石をつけ内面の加工を行っています。機械に負担のかかる加工であることから、他社では行われない加工であると言え、高速で回転する摺動部品の加工の実績によるノウハウであると言えます。

(日本語) 全長400㎜で幾何公差指定が厳しいスピンドルシャフト部品

(日本語) 全長400㎜で幾何公差指定が厳しいスピンドルシャフト部品

(日本語) 素材
(日本語) SUS316
(日本語) サイズ
(日本語) 40㎜×φ80㎜
(日本語) 精度
(日本語) 振れ精度0.01、Ra1.6
(日本語) ロット
(日本語) 10
(日本語)  今回、ご紹介する製品もφ80㎜の径に対して全長が400㎜となっており、振れ精度が1/100と高精度幾何公差指定がなされていました。
当社ではこのような加工品に対して、内外径の研磨加工を用いることにより、指定通りの幾何公差指定を満足させることが可能です。
 また、今回の製品では、ナショナルテーパ―が入り口部分についており、その内部にはRa1.6 指定がある研磨加工指定もされています。

(日本語) セラミック溶射を含むスピンドル部品

(日本語) セラミック溶射を伴うスピンドル部品

(日本語) 素材
(日本語) セラミック溶射を施したSUS材
(日本語) サイズ
(日本語) 600㎜×25㎜
(日本語) 精度
(日本語) Ra1.6、寸法公差±0.01㎜、内径公差:一千分台
(日本語) ロット
(日本語) 10
(日本語) スピンドル部品は高速回転を行う製品なので、外形部分の表面粗さが抑えられていること、またその中心軸が一致している(高い同芯度を持つ)ことが重要であり、図面に細かく指定がされています。今回の製品でも表面粗さがRa1.6、全長が600㎜ほどある内径穴の同芯度に対して±0.01㎜指定がされており、内径公差も一千分台の指定となっています。このような高精度な内外研削を必要とする加工は当社の得意とする領域の加工であり、NC研削盤と経験豊富な技術者による汎用研削盤での加工により対応しています。

(日本語) 工作機械用メインスピンドル部品

(日本語) スピンドルシャフト

(日本語) 素材
(日本語) SUS316
(日本語) サイズ
(日本語) 430×φ25
(日本語) 精度
(日本語) 寸法精度±0.01mm・直角度0.01指定、面粗度Ra1.6
(日本語) ロット
(日本語) 10
(日本語) こちらの製品はメインスピンドル部品で、ベアリングの嵌めあい部と内径に対する高い面粗度指定の2点が加工におけるポイントとなっています。ベアリングの嵌めあい部では30mm±0.01mm・直角度0.01指定、ツバ部分が10mm±0.01mm・テーパー1/12(θ=約3.0°)指定となっていることから、加工時にリカバリーが効かない設計となっていました。そのため、これだけの高精度の加工品を一発で成功させる必要があり、高い技術力が求められます。二つ目のポイントである内径の加工においては寸法精度が±0.01mmで面粗度がRa1.6 指定となっていました。このような円筒の内径研削加工は当社が最も得意としている分野となりますので、お客様のご要望通りに仕上げています。 
 当社では、このような高い面粗度、寸法精度に対する加工はもちろん、円筒研削部品の測定評価も社内で対応しています。測定においては、全て恒温室環境下で行っており、24℃±1℃で管理された測定室で、各種ゲージや3次元測定機を用いて測定を行った後に納品を行っています。スピンドル部品や周辺部品は2/1000程度の平面度、円筒内面の同軸度までの加工、検査が可能です。

(日本語) 高速回転用モータースピンドル

(日本語) 素材
(日本語) SUS420J2
(日本語) サイズ
(日本語) φ40×長さ430
(日本語) 精度
(日本語) 0.002
(日本語) 本製品は、高速回転用モータースピンドル部品となります。素材はSUS402J2 を使用し、穴径が40mm長さが210mm、幾何公差指定として同心度、同軸度、真円度が0.002mm、回転軸に対して、静的振精度が5ミクロン以内となっています。また、木村製作所では、経年変化を防ぐためにサブゼロ処理も施しています。

Componente delle macchine utensili (cofano portante)

Componente delle macchine utensili (cofano portante)

(日本語) 素材
SCM415
(日本語) サイズ
Φ130×60
Il nostro cofano portante può essere abbinato ad eventuali elementi di appoggio, mandrino e parti del settore. La precisione del cuscinetto cofano permette la precisione di movimento del mandrino. Pertanto, la precisione nel grinding della portata, corrispondente al il cofano generale, è molto importante. Il nostro cofano portante è fatto di SIC415, raggiunge scala di durezza di HRC55 attraverso cementazione, ed è più volte misurato e regolato prima per corrispondere perfettamente.

Componente delle macchine utensili (frangia di base)

Componente delle macchine utensili (frangia di base)

(日本語) 素材
SCM435
(日本語) サイズ
φ200×70
La flangia di base è la parte del mandrino della macchina utensile. La posizione di ciascun foro richiede alta precisione. I fori ai lati opposti devono allinearsi con precisione.
Tuttavia, dato che i fori non si connettono, l'allineamento è estremamente difficile. Fissata tramite viti, la flangia può essere perforata in una posizione esatta grazie alla nostra tecnica di perforazione esclusiva.

Componente macchina utensili (mandrino)

Componente macchina utensili (mandrino)

(日本語) 素材
SCM415
(日本語) サイズ
φ70×350
Sitratta di una parte del mandrino della macchina. Il cono su entrambi i lati richiede macinazione. Oltre l'80% degli involucri di grande diametro richiedono una grande precisione. Inoltre, la concentricità delle due parti richiede una precisione inferiore a 5/1000. La macinazione del diametro esterno è trattata simultaneamente con uno strumento di misura.

Componente macchina utensili (base del mandrino)

Componente macchina utensili (base del mandrino)

(日本語) 素材
SCM440
(日本語) サイズ
φ90×50
La base del mandrino è dotata del fondo del mandrino e altre parti. La precisione della base influenzerà la precisione di installazione del mandrino; pertanto, la base richiede una regolazione precisa con vite che viene utilizzata per sicurezza. Dopo tempra, la base raggiunge scala di durezza di HRC55 e poi viene tagliata. Inoltre, la base non può essere prodotta solo tramite levigatura superficiale ma anche attraverso levigatura rotante in seguito.

Componente macchina utensili (corpo centrale)

Componente macchina utensili (corpo centrale)

(日本語) 素材
SCM415
(日本語) サイズ
φ100×300
il diametro esterno è collegato al mandrino con una precisione di 3/1000. Anche il diametro interno di entrambe le parti richiede la precisione di 3/1000.
12

Contattateci

TEL
075-953-2721
FAX
075-951-2267

Modulo di domanda