Cutting ≫(日本語) 研削レスにより加工時間の大幅な短縮とRa0.5までの高精度幾何公差の加工を実現

(日本語) 研削レスにより面粗度Ra0.5の高精度幾何公差加工

Material
(日本語) SUS316
Dimensions
(日本語) φ10mm×60mm
Accuracy
(日本語) Ra0.5
(日本語)  木村製作所では研削加工だけでなく、切削加工も得意としており、高い面粗度品も研削レスで実現することが可能です。今回の製品は、Ra1.6 の面粗度が求められたパイプ形状品で、長さもある為に研削加工で行うと2時間かかってしまい、スラッジが入ってしまう等の問題もありました。
 そこで今回はダイヤモンド工具を用いて、NC旋盤で加工を行いました。図面上では仕上げRa1.6 の要求のところ、Ra0.5までの精度を出すことができています。
 また、この加工方法では、加工に要した時間として10分しかかかっておらず、大幅なリードタイム短縮を実現しています。必要以上のスペックは加工コストを上げてしまいますが、加工時間を短くし、より高い精度を出すことができるようになることは非常に有益であると言えます。このように、研削が当然と考えられていた高精度幾何公差(平面度・面粗度)品においては、当社の研削レス技術を用いることでコストダウンも可能です。ぜひ活用ください。

Contact us

TEL
075-953-2721
FAX
075-951-2267

Inquiry form